一般媒介契約とは

一般媒介契約媒介契約の最後の1つ、一般媒介契約について説明します。
これは専属専任媒介契約や専任媒介契約とは大きく異なり、複数の不動産会社に対して家の売却の仲介依頼をすることが可能となっています。
複数の不動産会社が動くことで、情報が早く広まり、多くの希望者に発信することができます。
ただし、逆の捉え方をすると、不動産会社からの報告義務もなければ、レインズへの登録義務もありませんので、自由度の高い契約内容と考えられます。
もしも悪徳な不動産会社に当ってしまった場合、真剣に買い主を探さない、おざなりにされてしまう危険性もあります。メリットとデメリットを考えた上で、ご自身に適した契約はどれか、慎重に選ぶようにしましょう。

専属専任媒介契約と専任媒介契約の場合には、1社のみの契約となり、依頼した不動産会社が独占的に仲介を引き受けます。なかなか買い主が見つからないという場合には、この契約の条件が足かせとなる可能性があります。
一般媒介契約の場合には、複数の会社に依頼することは可能であり、家を買いたいと思っている人へ対してのアプローチを多く仕掛けることができますが、信頼できる会社である必要があります。ご自身の考えに基いて契約を選択しましょう。


参照資料

優しい一般媒介契約

契約形態を知っておく

契約家を売る際の媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つに分かれています。
専属専任媒介契約と専任媒介契約は、家の売却を依頼する不動産会社を1社にだけ絞る契約となっており、他の不動産会社と複数依頼することは認められません
特に、専属専任媒介契約については、その拘束力は専任媒介契約に比べて強い為、たとえ自分で売り主を見つけられたとしても、依頼した不動産会社を必ず通して取引をしなければいけない義務が生じます。
例えば、売り主が売却を考えている家の価値が高ければ、不動産会社としては、独占的に販売したいと考える為、専属専任媒介契約を結びたいと希望することになります。
売り主がそれで構わなければ契約を結び、もしも自分で親族や友達の中から買い主を見つけることができるという場合には、専属専任媒介契約よりも専任媒介契約の方が適しているということになります。
このように、メリットがそれぞれ異なりますので、契約についてきちんと把握しておく必要があります。

また、この2種類の契約には、レインズと呼ばれる不動産指定流通機構への登録が義務付けられています。これは国土交通大臣指定の不動産情報のデータベースです。


参照資料

不動産売却情報|高く家を売る研究

家を売る契約について

契約家を売る場合には、大きなお金や難しい法律や手続きが必要となりますので、その資格を持つ不動産会社に依頼して、仲介役を担ってもらう必要があります。
家を何度も売った経験を持つという方はそう多くはありませんので、信頼できる不動産会社を決めて、売り主を探してもらって契約を結べば良いのだろうと考えている方がほとんどだと思います。
しかしながら、不動産会社との契約、いわゆる媒介契約には3種類あり、それぞれに内容が異なっていますので、売り主や不動産会社の希望や条件によって締結する契約を選ぶ必要が出てきます
全く知らないまま契約を結ぶのではなく、しっかりと自身でも家の売買について知識を持って、一緒に家を売るという意識を持つことが大切となってきます。あるいは、不動産会社に丸投げをして、全任する形をとってしまうと、違う契約内容を選べば良かったと、後になって失敗したと後悔するかもしれません。
プロである不動産会社の知恵やスキルを借りながら、ご自身でも自分にとって有利な手段は何かを考えるようにしましょう。

いずれにせよ、媒介契約を結ぶ前に、売り主側の希望について明確に伝えることが必要です。売却の希望時期や売却の希望価格、売り方について、あらゆる希望や条件を不動産会社に提示しておくことが大切です。家を売る場合には、引越しの時期や売却代金の計画、または広告についてどうするか等、各売り主の事情によって異なります。自分の条件を明確にしておくようにしましょう。