契約形態を知っておく

契約家を売る際の媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3つに分かれています。
専属専任媒介契約と専任媒介契約は、家の売却を依頼する不動産会社を1社にだけ絞る契約となっており、他の不動産会社と複数依頼することは認められません
特に、専属専任媒介契約については、その拘束力は専任媒介契約に比べて強い為、たとえ自分で売り主を見つけられたとしても、依頼した不動産会社を必ず通して取引をしなければいけない義務が生じます。
例えば、売り主が売却を考えている家の価値が高ければ、不動産会社としては、独占的に販売したいと考える為、専属専任媒介契約を結びたいと希望することになります。
売り主がそれで構わなければ契約を結び、もしも自分で親族や友達の中から買い主を見つけることができるという場合には、専属専任媒介契約よりも専任媒介契約の方が適しているということになります。
このように、メリットがそれぞれ異なりますので、契約についてきちんと把握しておく必要があります。

また、この2種類の契約には、レインズと呼ばれる不動産指定流通機構への登録が義務付けられています。これは国土交通大臣指定の不動産情報のデータベースです。


参照資料

不動産売却情報|高く家を売る研究