一般媒介契約とは

一般媒介契約媒介契約の最後の1つ、一般媒介契約について説明します。
これは専属専任媒介契約や専任媒介契約とは大きく異なり、複数の不動産会社に対して家の売却の仲介依頼をすることが可能となっています。
複数の不動産会社が動くことで、情報が早く広まり、多くの希望者に発信することができます。
ただし、逆の捉え方をすると、不動産会社からの報告義務もなければ、レインズへの登録義務もありませんので、自由度の高い契約内容と考えられます。
もしも悪徳な不動産会社に当ってしまった場合、真剣に買い主を探さない、おざなりにされてしまう危険性もあります。メリットとデメリットを考えた上で、ご自身に適した契約はどれか、慎重に選ぶようにしましょう。

専属専任媒介契約と専任媒介契約の場合には、1社のみの契約となり、依頼した不動産会社が独占的に仲介を引き受けます。なかなか買い主が見つからないという場合には、この契約の条件が足かせとなる可能性があります。
一般媒介契約の場合には、複数の会社に依頼することは可能であり、家を買いたいと思っている人へ対してのアプローチを多く仕掛けることができますが、信頼できる会社である必要があります。ご自身の考えに基いて契約を選択しましょう。


参照資料

優しい一般媒介契約